MENU

WordPress|問い合わせフォームのスパム対策【reCAPTCHA導入方法】

ブログの問い合わせフォームからスパムメールが届いて迷惑している人も多いと思います。

reCAPTCHAを導入すると、スパムメールを大幅に減らすことができます。(reCAPTCHAの利用にはGoogleアカウントが必要です。)

reCAPTCHAは2種類あり、自動でスパム判定してくれるreCAPTCHA v3のほうが便利です。

この記事では、Google reCAPTCHAの導入方法と、問い合わせフォームでよく使われている『WPForms』『Contact Form 7』への設定方法について解説します。

このページを別画面で見たいときにお使いください。

QRcode

Google reCAPTCHA v3導入方法

Google reCAPTCHAのページを開きます。

「v3 Admin Console」を選択します。

  • ラベル:管理上の名前になる。ドメインなどにしておけば良い。
  • reCAPTCHA タイプ:reCAPTCHA v3
  • ドメイン:サイトのドメイン。
  • オーナー:Googleアカウントのメールアドレス。

「送信」ボタンを押します。

reCAPTCHAにブログのドメインを登録すると、サイトキー(サイト鍵)とシークレットキー(秘密鍵)が発行されます。

この2つのキーを、ブログの問い合わせフォーム用プラグインに設定するとreCAPTCHAが有効化されます。

WPFormsの設定方法

WPFormsの設定を開きます。

「CAPTCHA」を選択します。

reCAPTCHAを選択します。

画面下方に、Google reCAPTCHAが発行したキーを入力する画面があります。

  • サイトキー:Google reCAPTCHAが発行したサイトキーをコピペする。
  • シークレットキー:Google reCAPTCHAが発行したシークレットキーをコピペする。

「設定を保存」ボタンを押します。

問い合わせフォームの編集画面を開きます。

フィールドの「reCAPTCHA」を押すと、reCAPTCHAが有効化されて、画面右上に「reCAPTCHA有効」と表示されます。

「保存」ボタンを押すと設定が完了します。

Contact Form 7の設定方法

Contact Form 7の設定を開き、インテグレーションを選択します。

画面下方の「インテグレーションのセットアップ」を押します。

  • サイトキー:Google reCAPTCHAが発行したサイトキーをコピペする。
  • シークレットキー:Google reCAPTCHAが発行したシークレットキーをコピペする。

「変更を保存」ボタンを押すと設定が完了します。

reCAPTCHAのアイコンを隠したい

reCAPTCHAのアイコンは常に表示される。

reCAPTCHAのアイコンを勝手に隠すことは、原則としてGoogleが認めていません。

しかし方法が無いわけではなく、アイコンの代わりにテキストを設置すれば、アイコンを隠すことが認められています。

この記事を書いた人