MENU

WPテーマ『SWELL』で早期収益化を目指す【SEO対策にも最適】

WP(ワードプレス)テーマSWELLを購入し、月6桁の収益化に成功しました。サイトのデザインが良くなったことで、読者の信頼を得やすくなったのではないかと感じます。これはSWELL導入後から滞在時間が伸びていったことでも実感できています。

いままで、「早く収益化したい」と思いつつも、気付けばCSSと格闘しながらデザインをいじってばっかり。なかなか思うようなデザインにならなくてヤキモキすることも多かったです。

SWELLは現在、17,600円。これを先行投資と思えるかどうかで収益化までの期間も変わってくるでしょう。もしブログ運営の本当の目的が収益化だった場合、サイトのデザインはテーマにまかせて、本来の執筆に注力することを真剣に検討すべきかもしれません。

このページを別画面で見たいときにお使いください。

QRcode

SWELLの実使用レビュー

デフォルトでデザインが良い

  • インストール時点のデフォルト(初期)デザインがすでにオシャレ。
  • カスタマイズはさておき、まず記事を投稿していっても様になる。
  • ブロックエディターに最適化されており、HTML/CSSの知識は不要

いきなり記事を書いて投稿していっても、それなりに良いデザインに仕上がります。デザインにもクセがないので、万人受けするんじゃないかと感じました。

全体的に操作性が良い

  • カスタマイズメニューが一元化されており、よく整理されている。
  • 直感的に操作できるので、カスタマイズに時間がかからない。
  • 「こうしたい」と思ったことを実現しやすい。

SWELLを触ってすぐ感じたのは、カスタマイズメニューのわかりやすさです。使う人の立場になって良く考えられて整理されており、操作性がとても良いです。

「こんな感じに装飾したい。」「こうデザインしたい。」と思ったことを、選択していくだけの簡単操作で実現しやすいです。

AFFINGERのぐちゃぐちゃなカスタマイズメニューとは比較にならないほど使いやすいです。AFFINGERが本当にストレスを感じるほど使いにくかったので、SWELLの操作性には感動すら覚えました。

カスタマイズ方法は公式サイトで説明

SWELLの基本的な使い方は、公式サイトにチュートリアルがあります。各メニューがどんな機能なのか、どういう風にカスタマイズできるのか。など、丁寧に画像・動画で説明されているので理解しやすいです。

Cocoonでおなじみのフォーラム(質問し合える場所)も、SWELLには整っています。分からない点やつまづいた点は、フォーラムで他のSWELL利用者に気軽に聞くことができます。

フォーラムの利用には登録が必要です。※登録に必要な情報は、ハンドルネーム、購入時に入力するメアド、任意のパスワードの3点です。

他のテーマから乗り換えやすい

乗り換えサポートプラグイン

Cocoon、AFFINGER、JIN、SANGO、STORK、THE THOR

他のテーマからSWELLへの乗り換えには、それぞれのテーマに応じたプラグインが用意されています。私はCocoonから乗り換えましたが、プラグインのおかげで記事デザインの修正を大幅にカットすることができました。

買って大正解だった

記事を書きたいのに、CSSに手間取って時間を取られてばっかり。ぜんぜん収益化に近づいていかなくてヤキモキすることも多かったです。

「もういいや、先行投資だ」と割り切って、SWELLを買いました。「これでCSSに時間を奪われることは無くなる。」と思うとすごく気が楽になりました。

SWELLのサイトデザインが良いから気分があがります。以前よりも記事を投稿していくのが楽しくなりました。SWELLを買って大正解だったと感じるところです。

企業サイトにも向いている

SWELLのデザインは、ブログはもちろん、企業サイトにも向いています。とくに感心したのが画面幅いっぱいに背景を広げる機能が実装されている点です。

企業サイトでは、画面いっぱいに広げられた背景色がコンテンツの区切りを示すデザインとして多用されています。

SWELLはSEO対策にも最適

  • Page Speed Insiteの結果は爆速
  • デザインの良いサイトは被リンクを集めやすい
  • タグ・パンくずリストでサイトを構造化
  • ブログカードで高い回遊性

この記事を書いた人